信州大学医学部 耳鼻咽喉科学教室

難聴外来(成人)・補聴器外来- 専門外来 -

補聴器を装用しても十分なきこえが得られない重度の難聴の方へ適応とされていた人工内耳に加え、
低い音は聞こえるが、高い音はまったく聞こえない方への人工内耳「残存聴力活用型人工内耳」
全国に先駆けて施行しております。

当外来では毎週火曜日の午前中に予約制で行っております。

各種聴覚検査や画像検査を行い、難聴の評価、補聴器の適合、人工内耳の適応の評価などを行っています。ひとくちに成人の患者さんの難聴と言っても、その程度や発症年齢など様々です。患者さんひとりひとりにベストな治療、というモットーで取り組んでいます。

補聴器適合に関しては、「良く聴こえる」という患者さんの主観的評価のみならず、現在の聴力を正確に把握するために、語音聴力検査、MCL(快適レベル)、UCL(不快レベル)、DPOAE、SISI、 自記オージオメトリなどを検査します。その中から補聴器が適していると判断された患者さんに対して補聴器のフィッティングを行い、補聴器適合検査を行っております。フィッティングが行われた補聴器に対しては、適合検査の結果を交えたフィードバックを返すことにしております。

補聴器でも聴き取ることが困難な患者さんについては、従来からの人工内耳に加え、「残存聴力活用型人工内耳」の適応も考慮して検査を行い、選択肢として提示しています。