信州大学医学部 耳鼻咽喉科学教室

研修医・医学生の皆さんへ

信州大学耳鼻咽喉科を皆さんの人生の土台に考えてみませんか?

医師国家試験を突破し、初期臨床研修医として働き始めた先生方、研修生活も充実されていることと思います。
また、医学生の皆さんは、病院実習中であったり、国家試験に向けて一生懸命勉学に励んでいる最中でしょう。
今の時期は目の前のことに精一杯で自分のことは後回しになってしまいがちです。自分の将来の進路は確定しましたか?自分のライフスタイルは想像できていますか?今の初期臨床研修や勉学を充実させるためにも将来の自分の想像図を描き、土台を固めることが重要です。

当科では後期臨床研修から専門医取得を目指した指導が始まります。長野県唯一の大学病院でもあり、さまざまなサブスペシャリティがある耳鼻咽喉科において偏りのない臨床技術を取得できる研修プログラムを組んでいます。

当科の研究テーマである「難聴と遺伝子」と「人工内耳」に関しては日本、世界をリードしており、常に信州大学から全国へニュースを発信しております。臨床だけでなく、研究にも力を入れている証として当科では入局後全員が大学院へも進学しており、スタッフは全員専門医と医学博士を取得しております。

また国内・国外での学会発表や留学など皆さんの活躍できる場所をたくさん用意しております。見学は随時受け付けており、先生方、医学生の皆さんそれぞれのご希望に沿ったプログラムを用意いたします。
ご希望の方は下記、および信州大学医学部附属病院卒後臨床研修センターへご連絡ください。お待ちしております!

統括医長・茂木英明(もてき ひであき)
E-mail:

研修の流れ