信州大学医学部 耳鼻咽喉科学教室

小児難聴医療の流れ- 難聴医療 -

高度難聴のお子様には、より良い聞こえのために、
“早期”に“両側同時”に人工内耳手術を行っています!

「診断〜手術〜ハビリテーション」の一貫したプログラムを構築し、
長野県全体で取り組んでいます。

生まれつきの難聴(先天性難聴)は1,000人に1人とされる比較的頻度の高い疾患です。
新生児聴覚スクリーニングの普及に伴い、出生直後に「難聴に疑いがある」と聞かされ、不安に思ってらっしゃる方が多いと思います。

当科では聴覚を最大限活用するべく、遺伝学的検査を含めた正確な診断、また治療介入が必要な場合はできるだけ早期の補聴器装用、および人工内耳手術を全国に先駆けて行ってまいりました。
また下図のように居住地に応じた検査や診断、支援の体制を県と連携し整えています。

このように長野県全体で早期診断、早期介入に取り組んでおりますが、ただ単純に早く診断して手術をすればすべてが解決する訳ではありません。手術と同じ、もしくはそれ以上に手術前の準備と手術後のリハビリテーションが必要と考えております。連携施設である 信州きこえとことばのセンター やまびこ長野県 難聴児支援センター とともに「ファミリーセミナー」を定期的に開催し、「きこえのしくみ」「難聴の原因と治療」「人工内耳」「ハビリテーションの重要性」につき説明し、きこえに対する理解を深めていただく機会を設けております。

「診断」は信州大学と みやがわクリニック、「手術」は信州大学、「マッピング・ハビリテーション」は 信州きこえとことばのセンター やまびこみやがわクリニック で行っております。

高度難聴のお子様に対する「検査〜診断〜手術〜ハビリテーション」のロードマップ