信州大学医学部 耳鼻咽喉科学教室

小児難聴医療の流れ- 難聴医療 -

高度難聴のお子様には、より良い聞こえのために、
“早期”に“両側同時”に人工内耳手術を行っています!

生まれつきの難聴(先天性難聴)は1,000人に一人とされる比較的頻度の高い疾患です。
新生児聴覚スクリーニングの普及に伴い、出生直後に「難聴の疑いがある」と聞かされ、不安に思っていらっしゃる方が多いと思います。

当教室は聴覚を最大限活用するべく、遺伝学的検査を含めた正確な診断、また治療介入が必要な場合はできるだけ早期の補聴器装用、および人工内耳手術を全国に先駆けて行なっております。

診断から治療、およびその後の(リ)ハビリテーションまでの流れ(信州モデル)を求めて、多くの患者さんが全国からいらしております。

  • *1 新生児聴覚スクリーニングにて要精査(精密検査が必要)と判断されれば、脳波の検査(ABRやASSR)を組み合わせて「難聴であるかどうかの診断」、および「難聴であればどの程度なのか」を正確に診断いたします。
  • *2 軽度・中等度であれば、発達検査結果も考慮に入れつつ、1歳前後(ひとり歩きが始まり、より聴覚活用が必要になる頃)をめどに程度に応じて補聴器装用をご提案します。
  • *3 高度・重度であれば、生後3~4ヶ月より補聴器装用を開始し、できるだけ早い時期から音刺激を入れてあげることにより耳〜脳までの聞こえの経路の形成をうながします。また補聴器装用のみで会話音域に必要な刺激を入れることが困難であるケースがほとんどあり、人工内耳の説明を随時行ってまいります。
  • *4 当科では小児に対する人工内耳手術はより良い聞こえ(立体的な聞こえ)のための両側装用を早期に提供する目的で「両側同時手術」を基本路線にご提案しております。